税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業44年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「酉年生まれ」

「酉年生まれ」

早いもので6回目の酉年を迎えることとなりました。
TKC城北東京会機関紙 「JOUHOKU東京1月号」に「酉年生まれ」という原稿を寄稿しましたので、ここに掲載いたします。
昨年より立正大学法学部の講師も務め、若い学生さんとも交わり、貴重な体験をいたしました。一方健康を害し健康の大切さを、知りました。今年より「T・MACKS税理士法人向山会計社」として、角度を変えて挑戦したいと思います。
 美しい毛並みに、スッと伸びた背筋。鋭い目で周りを隈なく見回しては、一歩一歩注意深く大地を踏みしめ歩く。朝は誰よりも早く起き、大声を張り上げ皆を驚かせ、裏庭にある高木に登っては、自分のテリトリーを誇示する。誰かが断りもなく横切ろうものなら、「コケコッコー」と大げさに飛びのき、庭中の石ころをひっくり返しては、細部にまでチェックを怠らず。そんなニワトリに当てはめられた酉年生まれの方々は、洗練された雰囲気、徹底振り、頭のキレ、率直さに特徴付けらます。

 酉年生まれのもう一つの特徴として、優れた五感(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)が上げられます。首の後ろに触れる上着のタグをむしり取っている方がいたら十中八九酉年生まれでしょう。
その野性的な鋭い感覚をフル活動させ、物事の良し悪しを敏感に読み取ります。例えば、「食」一つを例に挙げても、舌を満足させるだけではなく、体全体によい食べ物を好んで食べる人です。また、直感や第六感に従って人生を歩むため、酉年の人生にアップダウンは付きものです。「転んでもただでは起きない」所以は、そこら辺にあるのでしょう。

 内気で厳粛なタイプと、口数の多いタイプに大きく二分される酉年生まれ。どちらも優れた自己訓練能力に恵まれ、昨日よりも今日、今日よりも明日と、より良い状態に自分を鍛えることが出来ます。
また細部まで行き届く厳しい目を持っており、完ぺき主義な一面もあります。ただし、それがフラストレーションとなったり、周りへの過度の要求となってしまう事もあるようですので留意しましょう。
本来、細かい事まで気を配れる方なので、その細やかさを上手に活用できると良いでしょうね。

スポンサーサイト

| お知らせ | 15:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/450-0b7b68a7

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT >>