税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

消費税で変わるクルマ税制

消費税延期で変わる‘クルマ税制’の制度! 

 今回は消費税増税延期に伴う関税である自動車税の改定について述べてみる。
 平成28年度税制改正大綱では、自動車に関する税制の見直し項目として、‘自動車取得税については、延期になった消費税10%への引き上げ時の平成29年4月1日に廃止する’という内容が盛り込まれ、自動車にかかる税金のなかでも取得税は購入時にかかるもので、自家用車なら「車の取得価額×3%」、営業車や軽自動車なら「取得価額×2%」の税金が課せられている。
 政府はこの取得税を消費税の増税と同時に廃止し、新しく代わるものとして、車の取得時に燃費性能に応じて課税する‘環境性能割’の導入を決定していた。しかし増税の延期により、取得税の廃止と新税の導入は先延ばしになった。
 新たな環境性能割は、燃費性能に応じて税額が減免されるもので、すべての車種で現行の取得税より税負担が軽くなるわけではないのです。しかし現在主流となっているハイブリッドカーなどではおおよそ税負担減となることから、消費増税後確実にやってくる、であろう消費落ち込みへの‘対策’としての効果が期待されています。減免だけを先に実施してしまっては、反動減対策としての意味が薄れてしまう。取得税の廃止、新税の導入とともに、消費増税に合わせて2年半延期されることになった。
 取得税廃止等の‘延期’は、今回が初めてではない。自動車業界からの‘取得税は消費税との二重課税あり即座になくすべき’との長年の要望を受け、同税の見直しが税制改正大綱に盛り込まれたのは平成24年度のことである。その後平成27年10月の消費増税と同時に廃止することが決まったが、景気の低迷を懸念した政府によって増税は延期され、同税は当面存続されることになった。そして今回の再延期を受け、自動車業界の長年の宿願はまたもや先送りされることに。
 毎年のように見直しが行われる自動車関連税制ですが、近年の改正は‘エコ化促進’の流れに沿ったものだといえます。自動車税や軽自動車税では平成27年4月にエコカー減税の適用要件が改められ、燃費性能、排出するガスの量がともにより厳しい基準に引き上げられました。取得税の廃止と同時に導入される予定の‘環境性能割’でも新基準に従って税率を6区分することが決まっています。
 しかしこの性能基準に対しては、緩和を求める声もある。その背景にあるのは、最近世界的に相次ぐ大手自動車メーカーの不正の発覚である。
 ドイツのフォルクスワーゲン社は、平成27年上半期に販売台数でトヨタを抜いて世界一の自動車メーカーになったが、同年9月に特殊なソフトウェアを使って排ガス量を低く見せかけていたことが発覚した。該当車両は世界中でなんと1100万台にものぼり、同社の今年1~3月期の利益は前年同期比86%減まで落ち込んだ。
 今年4月には国内大手の三菱自動車の製品‘eKワゴン’と日産自動車に供給した‘デイズ’、‘eKスペース’と‘デイズクルーズ’の計4車種で燃費性能を偽装していたのは記憶に新しい。これらの該当車両は62万5000台になるという。ユーザーへの補償を待たずに、同社は日産自動車の傘下に入った。
 さらに5月には米GMでも、3車種で燃費性能を実際よりも優れた数値で表示していたことも分かった。意図的ではない誤表記と同社は説明しているものの、ユーザーに対する補償額は120億円に上るとみられている。
 これらの問題から、年々厳しくなる環境性能基準についていけず、技術開発競争から脱落するメーカーが出ているということ。本来ならばメーカーの技術の進歩に合わせて基準が引き上げられるべきところが、目標ばかりが先に立ち、技術が追いついていないのが現状といえる。だからといって不正を行い、ユーザーを騙すのは論外である。
 一部のメーカーしか達成できない基準にのみ税優遇を与えるというのなら、国による一部の企業への肩入れといえる。基準緩和を求める声を受けて、昨年4月に刷新されたばかりの‘環境性能基準’が見直される可能性は否定できないでしょう。
消費増税の延期は様々な税目に影響を与えている。この自動車関連税制も例外ではない。ますます複雑な税制が今後一層難解になっていくことでしょう。


(参考:納税通信 第3425号、平成28年度税制改正大綱)


 
スポンサーサイト

| 財政・税務 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/446-eacaef71

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>