税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

外国人の海外扶養親族控除に網が!

外国人の海外扶養親族控除に網が!

12月は企業の給与担当者にとっては年末調整の時期でもあります。
2015年度(平成27年)税制改正のうち、所得税関係で注目を集めているのが「国外居住者に係る扶養控除」の改正である。
日本人の労働者人口の高齢化や人口減少により、毎年増え続けている外国人労働者の海外扶養者の把握は、本人申請が中心であり、法律的に明確な規定は有りませんでした。しかし今年の税制改正により、2016年(平成28年)1月1日以降に支払う給与等からこの制度の対象が始まります。
具体的には「扶養控除等申告書」などの提出時に、その国外居住親族に係る「親族関係書類」及び「送金関係書類」を勤務先に提出・提示しなければ扶養控除が出来なくなったのです。           (所法194条 所令316の2 所規47の2) 
              
 所得税法施行令14条1項では、外国人労働者であっても日本国内の勤務が1年以上となれば「居住者」と推定され、一般の日本人労働者と同じ適用になり年末調整の対象者になります。ちなみに非居住者の場合の源泉所得税率は一律20.42%になっています。
そして、外国人労働者は自国に家族を残して日本に働きに来ている人が多く、日本人の扶養親族数と違い扶養親族が多いのも特徴です。従って、国外にいる配偶者や扶養親族の確認・把握が難しく不明瞭でもありました。そこで所得税法を改正し法の縛りを制定したのです。
そして、この改正内容の周知を図る為、国税庁ではホームページを通じて問題が起こりそうであると思われる事項を、質問形式で2015年9月25日付で公表しています。全体では33問Q&Aになっていますが、重要であるのは以下の点である。
1 親族関係書類の提出
 国外居住親族が居住者の親族であることの証明書である。
① 戸籍の附表の写しその他の国又は地方公共団体が発行した書類及び国外居住親族のパスポートの写し。 
② 外国政府又は外国の地方公共団体が発行した書類で、親族の名前・生年月日・住所又は居所のあるもの。
 上記いずれかの書類を基本的には毎年提出する必要がある。なお、所得税法上で言う親族とは、6親等の血族、配偶者、3親等内の姻族を指し、民法規定と同じである。
2 送金関係書類
 外国人居住者がその年において国外親族への生活費又は教育費に充てるために、金融機関からその都度各人に行ったことを明かす書類で、送金表などを言います。
3 送金額の基準はあるのか
 国外扶養者への送金基準は特に定められてはいない。ただし年間の送金額が少額であると考えられる場合には、送金者に送金の目的・理由等を確認しておく必要があろう。
4 国外親族が複数いる場合に送金を1人の代表者に送った場合。
 送金関係書類については、その年において、国外居住親族の生活費又は、教育費に充てるとための支払いを、必要の都度各人に行ったことを明らかにするものとされているため、扶養控除の適用を受けるためには、各人別の送金関係書類が必要となる。従って代表者にまとめて送金等がされている場合には、その代表者の人のみしか該当しない。代表者以外の人の国外居住親族は該当しないことになるので、注意が必要だ。
5 国外親族への送金が複数年分だけまとめて行われた場合
 送金関係書類は、その送金をした年分の「送金関係書類」にしか該当しないので、複数年一緒に送ったとしても、その送金年分としか取り扱われない。
6 本国に戻って現金で渡した場合はどうか。
 本人が本国へ一時帰省して扶養親族へ現金で支給した場合に関しても、本人からの申立書が提出された場合であっても、その申立書は、所得税法に定める「送金関係書類」に該当しないので、扶養控除等の適用は出来ないことになる。

このように今後は、外国人労働者の扶養控除の適用は「親族関係書類」及び「送金関係書類」が提出されない限り適用されないことになり、かなり厳格化されたことになる。
外国人労働者を抱えている企業では早急な対応を迫られることになる。
来年1月1日から施行されるマイナンバーの管理だけでなく、外国人労働者の管理も具体的におこなって行かなくてはならない。給与担当者は頭の痛い年になりそうだ。

              参考資料:国税庁 HP
スポンサーサイト

| 所得税・所得控除及び税額控除 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/415-701c8c52

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>