税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

属人的株式とは何か

「属人的株式」とは何か

事業承継の要である議決権を設計できるのは、種類株式と信託しかないと言われています。
近年、事業承継対策が話題になっていますが、なかなか後継者へスムーズなバトンタッチができていない要因として、株式の移行問題があります。社歴の長い会社ほど株式が分散され、後継者への移動の際のトラブルの原因にもなっています。
今回はこのようなトラブルを未然に防いでおくことが出来ないかを考えてみたいと思います。そこで今回、種類株式に似ていますが種類株式とは違う特徴がある「属人的株式」に関して考えていきたいと思います。

まず会社法105条では、株主の権利として3つ定められています。
1 剰余金の配当を受ける権利
2 残余財産の分配を受ける権利
3 株主総会における議決権

そして会社法109条1項では株主平等の原則が定められています。これらが、株主自らが主張できる基本原則の根拠です。
しかし原則有れば例外有りです。
会社法109条2項では、非公開会社(株式譲渡制限会社)において、株主ごとに権利内容の異なる株式の発行を認めていますこれを属人的株式といいます。これは種類株式が特定の株式に個性(配当や残余財産、議決権等の優劣など)を持たせているのに対し、属人的株式は、個人株主や株主の役職等の地位、株主の置かれた状況などに対して個性を持たせることが出来ます。
 法務局(登記所)に設立登記している会社の約98%が非公開会社だと思われます。いわゆる中小・零細企業です。そして残りの約2%が株式を市場で公開している大企業です。
この非公開会社とは、株式を他の者に譲渡する場合、会社の取締役会あるいは株主総会での承認が必要とされる旨の文言が定款に記載されている会社です。なお、商業謄本には株式譲渡制限の有無が記載されていますので、その会社が非公開会社であるかどうかはすぐわかります。
属人的株式発行に必要な要件としては、会社法309条4項による株主総会の特殊決議により定款変更が必要になります。この場合の特殊決議とは、総株主の半数以上が出席し、総株主の議決権の四分の三以上の賛成が必要とされています。従って、定款変更のみで良いことになっており、商業謄本にはこの属人的株式変更事項が記載されませんので、第三者には知られないという特徴があります。
ちなみに、属人的株式は旧有限会社では元々認められていました。旧有限会社では社員の個性を重視するため、特別決議における議決要件が加重されていました。 それが会社法に引継がれてきているわけで、急に会社法になって現れた制度ではないと言うことです。
平成18年5月に施行された会社法により、法人格の設立としては株式会社のほか合同会社があります。当初から、出資割合によらない自由な利益分配や柔軟な機関設計ができる会社組織を考えているのであれば、合同会社も選択の一つではないでしょうか。しかし、あくまでも株式会社が良いというのであれば仕方ありませんが。
最近では、属人的株式のメリットを利用して事業承継対策に活用しようと考えている会社も現れてきています。
例えば、子息が育つまで、オーナー一族以外の役員に一時的に代表権を移行するなどして、株式保有比率に関わらず、議決権比率を高くしておく旨の属人株式として定款に定め、経営のみバトンタッチし、子息が育った時に代表権及び経営権を移行するなどの手法も考えられます。

属人的株式は、使い方によっては事業承継対策として有用なツールになると思われます。事業承継対策は急に実行するものではなく、ある程度の時間をかけ各利害関係者と調整していくものである。しかし、まだまだ種類株式に比べ属人的株式に関しての研究は少ないようです。
今後も実務を通して研究したことを、このブログを通じて皆さんに発表していこうと思います。
以 上

          参考資料: 高橋 章「事業承継における属人的株式の活用法」
              : 会社法


スポンサーサイト

| 民法・商法・会社法 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/413-6b755103

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。