税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

消費税改正はビジネスチャンス

 消費税改正はビジネスチャンス

昨年10月3日のブログで「外国人向け消費税免税制度の改正」と題して2014年10月1日以降、訪日外国人向けに消費税の免税対象品目が拡大したこと。そしてそれに伴い輸出物品販売売場(免税店)が増加するだろうとの記事を掲載しました。
今回はその後10ヶ月が経過した現在の状況を調べてみました。
まず、ここで言う免税店とは正式名称では「輸出物品販売場」とよび、外国人旅行者のための消費税を免除する販売店「TAX FREE SHOP(消費税免税店)」といいます。
今この免税店が急増しています。以下の観光庁発表の図を見てください。

<免税店の年度別推移>            
年度         免税店舗件数  
2012年4月         4、173  
2013年4月         4,622
2014年4月         5,777
2014年10月        9,361
2015年4月        18,779                          観光庁HPより
消費税改正した、昨年10月から6ヶ月経過した2015年4月までの増加数は9,418件2倍の増加傾向です。そしてこの傾向は今後ますます増える傾向にあります。
その理由として、今後増加する店舗としてコンビニ店舗があげられます。新聞等の報道によると、セブンイレブンでは観光庁と連携した「インバンド拡大プロジェクト」の一環として、2015年7月中に全国のセブンイレブン17,886店舗中、約1000店で免税サービスを行う事にしています。更に、ローソン・ファミリーマートなどもこれに追随する動きを見せているのです。
次に訪日外国人1人当たりの旅行支出額ですが、2015年4~6月の3ヶ月の統計では177,428円、前年同期143,903円に比べ23.3%増加。そしてこの3ヶ月の旅行消費額は8,887億円、前年同期と比べ82.5%増となっています。これを1年に換算すると3兆5500億円の売上高に上ります。ちなみに訪日外国人数は3ヶ月合計で501万人、この内中国・台湾・韓国・香港の訪日客で全体の70%を占めています。


ところで皆さんはこれだけ免税店が増え売上高も増えてきたが、「消費税の納税はどうなっているのか?」 とお思いだと思います。
現在日本の消費税率は8%です。上記免税店が日本国内で商品を仕入れた場合には、8%の消費税をつけて支払います。そしてその商品を国内で販売した場合はその売上高に8%の消費税をつけて販売しています。これが消費税法上の原則です。しかし、訪日外国人(非居住者)への販売に関しては消費税法上免税することが決まっています。つまり消費税率が0%だと考えてもらうと分かり易いと思います。
この根拠条文は消費税法8条「輸出物品販売場における輸出物品の譲渡に係る免税」1項に書かれています。
具体例としては、1000円で仕入れた商品の消費税額は80円。その商品を2000円で訪日外国人へ販売した場合消費税は0円(輸出免税)です。従って、預かり消費税0円-支払消費税80円=▲80円となり、申告することにより管轄の税務署より消費税還付を受けることが出来ます。国からの還付なので損をすることはありません。
この外国人旅行者に対する輸出免税制度を利用して、ビジネスを拡大しようと考えている方もおられます。
2014年の訪日外国人観光客は1,341万人ですが、世界ランキングではまだまだ22位です。第1位のフランスの8,370万人とは言いませんが、11位の香港(2,777万人)14位のタイ(2,478万人)20位の韓国(1,420万人)よりも少ないという事実もあります。
現在の訪日客のペースで行けば、2015年度は2,000万人を超えるでしょう。さらに2020年の東京オリンピックの年には3,000万を目標に掲げています。これらを考えるとまだまだビジネスチャンスがあるようです。
そして2019年4月からは消費税率が10%になります。輸出免税制度をうまく利用する事により消費税対策も考えられるかもしれません。
今後も消費税の改正があったらビジネスチャンスととらえ皆さんに的確な情報を早く提供していきたいと思います。



                  参照 観光庁ホームページ
                      国税庁ホームページ
スポンサーサイト

| 消費税法 | 17:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/402-667a1a59

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>