税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

合同会社の現状

-「合同会社」の現状はどうなっているのか-

最近、顧客である個人事業主との会話の中の一部である。
「うちもそろそろ息子が家業を継いでくれる言うので、法人化を考えているのだが?」
「なぜ法人化を考えているんです?」
「最近、TVや新聞を見ると、安倍首相が法人税率を20%台にするというじゃないか。来年度(平成27年度)からは個人の所得税率も最高45%に上がるというじゃないか」「うちもそれなりに所得税と復興特別所得税も支払っているし、それに、最近息子がやる気を出して家業を盛り立てていくといっているので、この辺で、法人化して「社長」として責任もってやってもらいたいとおもっているのだが?」
「話の内容は分かりました。どうでしょう株式会社もありますが、ひとつ合同会社の設立を検討したらどうでしょう。」
「合同会社って何ですか?」

最近では、「合同会社」設立の話題が少ないので現在の状況を調べてみました。
合同会社(LLC)とは、2006年(平成18年)5月1日施行の会社法により創設された新しい会社形態です。出資者全員が出資金額の範囲内で責任を持つ有限責任社員で構成されるものです。このメリットの1番は設立費用が登録免許税60,000円のみで設立できると言うことでしょう。定款は作成しますが、公証人役場での定款認証費用5万円は不要です。また株式会社みたいに決算公告の義務がないのが特徴です。ちなみに株式会社は会社法 440条1項において決算公告をすることを規定しています。そしてこれを怠った場合は 100万円以下の過料を支払うことになっています。(会社法 976条2号)
但し、現実的にはこの行政罰をうけた会社は聞きません。
また、税務に関しても株式会社と同様の取扱いになりますが、役員の重任登記はありません。
従って、合同会社は小規模でかつ小回りの利く法人を必要としている人には有効でしょう。
合同会社に適している事業としては、節税目的のオーナー経営者が個人資産・不動産を管理する場合。また、介護サービス業、介護保険介護タクシー、建設業など許認可要件に法人格を必要としている人には検討してみる価値はありそうなので。お勧めではないでしょうか。

それでは、合同会社の現状はどうなっているのでしょう。
法務省HPの新設法人登記社数などによると、近年合同会社の設立は増えており最近では年間約9000社の設立があると言います。はたして本当なのでしょうか?
私が調べた、国税庁が毎年4月にホームページ上で報告している「会社標本調査票」において、最新の合同会社数を抜き出してみると下記の表のようになります。

          法人申告社数に対する合同会社の割合
年度 法人申告社数 うち合同会社申告社数 前年比増加数
2008年 2,596,360 11,816 -
2009年 2,609,889 10,193   ▲1,623
2010年 2,579,464 14,321 4,128
2011年 2,569,404 16,824 2,503
2012年 2,524,341 20,728 3,904
    注:2012年とは(2012年7月~2013年6月)の事務期間をいう。
      2011年以前も同様の見方をして下さい。   (国税庁HPより)

2012年事務年度の法人税申告企業2,524,341社のうち合同会社は20,728社全体の0.8%弱の申告割合でしかなく、毎年3000~4000社づつ申告件数は増えていることが分かります。
利便性がある会社形態だが、法務省の統計と比べると、税務署への申告実態ではその半数も申告していないことが分かった。「コストが安いので、とりあえず設立しておこう」「設立はしたがどのように活用したらいいかわからない」と言った声が聞こえそうである。
合同会社の代表的な会社としては、皆さんご存知の
・西友 ・アップルジャパン・日本アムウェイ・P&Gマックスファクター など名だたる企業があります。ただし、これらの企業の株主及び経営者は外国人が中心になって運営されています。
外国人は効率性を優先するので、経営判断が早くトップダウンで決断できる会社組織形態の合同会社が適しているのでしょう。
当事務所でも、今後合同会社の活用事例を集め、研究整理し、発表していきたいと思います。

最後に冒頭の話に戻って、合同会社の経営者は「社長」ではありますが、会社法上の肩書は「代表取締役社長」ではなく、「代表社員」と呼びます。商業謄本を取り寄せるとこのように書かれています。冒頭の息子さん、「代表取締役社長」じゃないのかと、嘆かないで下さい。

スポンサーサイト

| 民法・商法・会社法 | 09:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/337-16bd61a6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>