税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

国民年金差し押さえ

いよいよ国民年金滞納者へ差し押さえ開始! 
   差し押さえ対象は、年収1,000万円超の高所得層!

 厚生労働省は、国民年金保険料の納付率を高めるための対策をとりまとめた。
所得400万円以上で保険料未納月数13ヶ月以上のすべての人を対象に財産の差し押さえを行う方針を決めた。

 厚労省によると、‘所得400万円以上で、保険料未納月数13ヶ月以上’である強制徴収の対象になる人は、推計で14万人になる見込みとしている。日本年金機構の職員は滞納者の財産を差し押さえる法的な権限をもっていたが、年金記録問題への対応に追われて人員が不足していることなどを理由に、滞納保険料全体の0.2%程度しか強制徴収を実施していなかった。一方で、保険料を払う余裕が乏しい低所得者向けに納付を猶予する制度を拡大する。現在は20代に限っては本人と配偶者の所得が2人とも57万円以下の場合、保険料の納付を猶予する制度がある。16年7月からは30~40代にも対象を広げる。猶予期間は年金受給額に反映されないが、受給に必要な加入期間(25年間)には算入できる。    
 所得が増えてから10年以内に保険料を追納すれば、将来の受給額も増やせる。納付機会も増やす。保険料を支払えるのは納付期限から原則2年間。15年9月までは特例として10年間分の納付を認めてきたが、同年10月以降も5年間分を納付できるようにする。国民年金法改正案を24日召集の通常国会に提出され、早期成立を目指す。 国民年金の納付率は12年度に59%と、目標の60%を下回った。07年に発覚した「消えた年金」問題で制度への不信感が広がったほか、非正規雇用が増えているためだ。納付率が低いことを理由に若年層を中心に公的年金制度への信頼が薄れていることも追い打ちをかけている。

 機構は2007年に発覚した年金記録問題以降、その対応に追われていたが、13年度で一区切りを迎えたことで、差し押さえを‘強化’することにしたのである。
 14年度からは機構の人員を滞納者への強制徴収に振り向け、また予算も拡充することで納付率上昇に本腰をいれる意向である。14年度予算案で、‘国民年金保険料の納付率向上策’92億6,000万円のうち‘督促の促進及び強制徴収体制の強化’への予算額を昨年度9.8億円から53.5億円に大幅に増加することにした。
厚労省の度重なる督促にも応じない滞納者への徴収対策のスキームは、第一に滞納者に対して、電話、戸別訪問などで納付を促す。それでも応じない場合は‘最終催告状’‘催促状’を送り、‘納付時効’を停止するという段階を踏む。そして最終手段として年金機構の職員が銀行口座や有価証券、自動車など財産を調査し、滞納者が処分できないように差し押さえる。12年度は最終催告状が6万8974件、督促状が3万4046件、財産差押が6208件だった。
また、保険料を払えるのは納付期限から原則2年間ですが、15年9月までは特例で10年間分の納付を認めている。さらに15年10月以降も5年間分を納付できるようにする。
 国民年金改正法案を今通常国会に提出している。財産の差押えは今年4月から実施する。
 厚労省事業管理課は、14万人が対象になるが、これまで年金記録問題の対応に追われてできなかったとしている。所得400万円以上の方々と聞くと、多くの人が対象になるかと思うが、所得400万円は収入から控除された金額となるので、年収が1,000万円を超える方々が対象となる。

(参考)
2010年度  2011年度  2012年度
文書・電話・戸別訪問(累計)  5475万件  7104万件  1億353万件
                         ↓
度重なる督促にも応じない
                     ↓
強制徴収の実施
最終催告状         2万4232件   3万45件  6万8974件
督促状            1万583件  1万7615件  3万4046件 
財産差押            3379件    5012件    6208件

          (参考:月刊 社長のミカタ 3月号、厚労省H・P)
 
スポンサーサイト

| 税制改正 | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/310-13f0d92c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。