税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業44年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

地方法人税、本年10月1日からスタート

注意! 地方法人税は、欠損金の繰戻し還付の対象です。
 
 2013(平成25)年閣議決定された平成26年度税制改正大綱の中で、地方法人課税の偏在是正のため、法人住民税法人税割の税率を改正し、併せて国税として創設する法人地方税から地方交付税として配り直す仕組みが導入されることとなりました。
 なお、注意点としては、地方税においては欠損金の繰戻し還付制度はありませんが、地方法人税は国税として創設されますので欠損金の繰戻し還付の対象となります。

(1)地方法人課税の偏在是正の趣旨
消費税率8%の段において、地域間の税源の偏在性を是正し、財政力格差の縮小を図るため、法人住民税法税和栄の一部を国税化して、新たに「地方法人税」を創設し、その税収全額を地方交付税原資とする。(経済産業省)

(2)法人住民税税割の税率の改正
法人住民税税割の税率を次のとおりとし、道府県民税法人税割を1.8%、市町村民税法人税割を2.6%、計4.4%の引下げとします。
                現  行           改  正
            [標準税率]  [制限税率]    [標準税率] [制限税率]
  道府県民税法人税割   5.0%    6.0%      3.2%    4.2%
  市町村民税法人税割   12.3%    14.7%      9.7%    12.1%

(4)地方法人税の創設
①税額の計算
 地方法人税額は、各事業年度の基準法人税額(課税標準)に4.4%の税率を乗じて計算した金額となります。
②申告及び納付
 申告及び納付は国(税務署)に対して行うものとし、申告書の提出期限は、法人税の申告書の提出期限と同一となります。
 
(4)適用開始
 法人住民税税割の税率の改正及び地方法人税は、2014(平成26)年10月1日以後に開始する事業年度から適用されます。

(4)欠損金の繰戻し還付
①法人税における欠損金の繰戻し還付
 青色申告書提出事業年度に欠損金が生じた場合に、その欠損金額をその事業年度開始の日前1年以内に開始したいずれかの事業年度に繰戻して法人税額の還付を受けられる制度です。なお、中小企業者等以外の法人については繰戻し還付制度の不適用措置が2年間延長されることになっています。
②住民税・事業税における欠損金の繰戻し還付
 地方税においては、欠損金の繰戻し還付制度はありません。
 法人事業税では、繰戻し還付の基礎となった欠損金額を、その後の9年間の各事業年度に繰り越して控除します。従って、法人税の繰越欠損金額と差異が生じます。
 法人住民税(法人税割)では、還付を受けた法人税額を、その後の9年間の各事業年度で、法人税割の課税標準である法人税額から控除します。
③地方法人税における欠損金の繰戻し還付
 法人税の繰戻し還付を受ける事業年度に確定地方法人税額がある場合には、法人税の還付金額の4.4%相当額が併せて還付されます。なお、法人税と同様に中小企業者等以外の法人については繰戻し還付制度の不適用措置が2年間延長されることになっていますので、地方法人税の繰戻し還付についても不適用となります。
  
 現在法人住民税の法人税割の収入格差は大きく、消費税増税後はその格差は益々広がると言われています。今回の改正は地域間の税源の偏在性の是正し財政力格差の縮小を図るためとされているため、東京都をはじめとする地方交付金の不交付団体に対しては地方法人税は交付されませんので、市町村の一部からは反発の声も出ています。
東京都は、①地方の財政自主権を切り崩すもの、②地方分権に大きく逆行、③交付税の総額に繋がる保障はない、以上の3つの問題点を挙げ「『都市と地方の財政力格差是正論』への反論」を作成して反対の声を挙げています。
 地方交付金の不交付団体の住民としては複雑な思いもあるでしょうが、財政力格差が広がることは絶対に避けるべきことです。この制度の趣旨である地域間の税源の偏在性の是正し財政力格差の縮小が実現することを切に願うばかりです。

           参考資料  週刊T&Amaster No.534 2010.2.10
                 平成26年度 税制改正大綱
                 平成26年度 経済産業関係 税制改正について
スポンサーサイト

| 税制改正 | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/307-62ee5670

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>