税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ついに会計検査院がメス!!

簡易課税制度がターゲットに!

 消費税の納税額は、原則は、課税売上高―課税仕入高で算出する。この場合、すべての取引にかかる消費税額を計算するといった経理処理が必要となり、中小企業の事務負担が過大になることがある。
 簡易課税は、こうした負担を軽減するために、冒頭の本則課税とは別に用意されている制度です。
 この特例を選択できるのは、前々事業年度(課税基準期間)の課税売上高が5千万円以下の事業者である。適用事業年度の前日までに税務署長に「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出することが必要である。簡易課税制度を適用すると、「みなし仕入率」を基にして消費税を計算できる。みなし仕入率は5種類の事業区分があり、第1種 卸売業(90%)、第2種 小売業(80%)、 第3種 製造業(70%)、 第4種 飲食・金融・保険業(40%)、第5種 運輸・通信・サービス業(飲食店を除く)・不動産業(50%)となっている。
課税事業のうち簡易課税制度適用事業者が占める割合は、個人事業者の場合は6割、法人は3割となっている。
 
 簡易課税制度を利用する事業者は、事務負担の軽減とともに、節税を目的にしていることが多い。みなし仕入率を適用することで課税売上にかかる消費税額から控除できる額が多くなり、納税額を低く抑えられることがあるためである。
この節税効果を抑制しようという動きが進んでいるのである。会計検査院が節税部分を「益税」として取り上げ、制度の見直しを検討しているのである。
会計検査院が調査したのは、東京国税局の管轄税務署を中心にした44税務署と東京国税局から抽出した事業者の申告実績である。法人は22年2月から23年1月に終了する課税期間、個人事業者は22年分の課税期間の申告を対象にしたものである。
検査院が1040法人、991個人事業者、計2031事業者の決算書などを基に試算した結果、事業区分ごとにみなし仕入率と課税仕入率の平均を比較すると、すべての事業区分でみなし仕入率が課税仕入率を上回っていたという。 
特に顕著な開きがあったとして検査院にフォーカスされたのは運輸・通信業、サービス業、不動産業の第5種事業で、みなし仕入率50%に対し、法人と個人事業者を合わせた課税仕入率の平均は32.4%であった。また、飲食店業、金融・保険業の第4種事業についても、検査院が計算した課税仕入率の平均は48.7%で、みなし仕入率60%との差は10ポイント以上となった。その他の事業でも、前述のようにすべての事業者でみなし仕入率が上回っているのである。(表)
簡易課税制度1
【クリックで拡大表示】

 この2031事業者のうち、簡易課税制度を適用して計算した納付消費税が、本則課税を適用したとして試算した推計納付消費税額に対して低額になっている事業者は1583事業者だった。
 「益税」の合計額は5億352万円に及んだとしている。
 また、2031事業者とは別に、「過去に本則課税を適用してその後簡易課税制度を適用している事業者」2656事業者と「第1、2期課税期間(基準がない期間)に5億円超の課税売上高を有する法人」12法人についても調査を実施し、多くの「益税」が出ていると指摘している。
 これら4699事業者のうち、「益税」が発生しているのは3742事業者で、合計額は21億7647万円になるという。なお、簡易課税制度を適用することで、本則課税で計算するより納付消費税額が多額になってしまった事業者も957あり、総額は2億2712万円だった。この金額ついては「損税」という言葉は使われていない。
 
 これらの結果を踏まえて検査院は、「簡易課税制度の適用により事務負担に配慮され事務の簡素化が図られた上に(中略)いわゆる益税が生じている状況となっていた」「このような益税の発生は、消費税に対する国民の信頼性を損ねることになる」と所見を述べている。
 検査院は「検査で明らかになった状況を踏まえて、今後、財務省において、簡易課税制度の在り方について、引き続き、様々な視点から有効性及び公平性を高めるよう不断の検討を行っていきことが肝要」と締めくくっている。
(月間 社長のミカタ 12月号より引用)  


人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 消費税法 | 12:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/178-512582b8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>