税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

公共事業で土地を売却!

 土地の区画整理や道路拡張工事などの公共事業のために所有する土地建物を売った場合には、課税の特例が受けられる。ここでいう公共事業とは、土地収用法やその他の法律で収用権が認められているものに限る。特例は代替資産を取得した場合の特例と譲渡所得から特別控除される特例の2つがある。
 1つ目は、所有する資産の対価補償金で、他の資産に買い換えた時は譲渡がなかったものとして取り扱われるというもの。
 売却金額より購入金額の方が多いときは所得税の課税が将来に繰り延べられて、売却した年は譲渡所得がなかったものとされる。ただし、売却金額より購入金額の方が少ないときは、その差額を収入金額として譲渡所得の計算を行う。
 この特例が適用されるのは、
➀ 売った土地建物が固定資産であること、
➁ 土地なら土地、建物なら建物など売った資産と同じ種類の資産を買い換えること、
➂ 土地建物の収用のあった日から2年以内に代替資産を取得することーが要件となる。
 2つ目の特例は譲渡資産から最高5,000万円までの特別控除が適用されるというもの。
 
 この特例を受けるには、次の要件を満たしていなければならない。
➀ 売った土地が固定資産であること、
➁ その年に公共事業のために売った資産の全部について代替資産の特例を受けていないこと、
➂ 買い取りの申し出があった日から6ヶ月以内に土地建物を売っていること、
➃ 公共事業の施行者から最初に買い取りの申し出を受けた人が譲渡していること。

 このとき、最初に申し出を受けた人が死亡している場合は、相続や遺贈でこの資産を取得した人も含まれる。
なお、特別控除の特例は、同じ公共事業で2年以上にまたがって資産を売却するときは最初の年だけしか受けられない。また、公共事業のために土地建物を売った場合は、いずれか一方の特例しか受けることができないので得となる方を選びたい。
納税通信 第3234号 個人TAX情報より



↓以下、ブログランキングに参加中です。ぜひご協力ください。
人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 譲渡所得 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/142-616a4ebf

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。