税理士 向山裕純の税のなんだパンダ

創業45年を迎えました。難しいと思われがちな税金についてわかりやすい解説をしていきます。税金以外にも時事問題など取り上げていきます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ガン保険の全損が認められなくなる!?

生保業界や税理士業界に激震か?

 保険料の払込時に全額損金にできる法人契約のがん保険について、税務上の取り扱いの変更にむけて国税庁が動き出し、最終段階に入った。
 同庁が2月29日に関連法令解釈通達の一部改正案を公表したのである。
改正が実現すれば、契約後一定期間に損金算入できるのは2分の1だけになる。

 法契約のがん保険に関する法令解釈通達の一部改正案について、国税庁が2月29日にパブリックコメントの募集を開始した。これで、がん保険を使った節税の仕組みにメスが入ることがほぼ確実になった。
 法令解釈通達「法人契約の『がん保険(終身保証タイプ)・医療保険(終身保証タイプ)』の保険料の取り扱いについて」の改正案では、この通達のうち、がん保険にかかる部分を廃止した上で、新たな取り扱い「法人が支払う『がん保険』(終身タイプ)の保険料の取り扱いについて」を出すことがしめされている。
新たな税務上の取り扱いは、終身払い込みと有期払い込み期間の区分に応じて定めている。
改正案で示された法令解釈通達が適用される時期については明らかにされていないが、「平成○年○月○日以後の契約に係る『がん保険』の保険料について適用します」というあいまいな表現をしている。パブリックコメントの募集は3月29日までであった。

 がん保険は支払い保険料の全額損金算入や高い解約返戻金が見込めることなどから、多くの会社が節税策の一つとして利用してきたものである。
ところが、逓増定期保険のメリットに制限がかけられたことなどから、税理士業界や生保業界では「国税庁ががん保険に目をつけた」という推測がとびかうようになっていたのである。
しかし、当局の具体的な動きはなかなか見えなかった。水面下の動きがすこしずつ慌ただしくなってきたのは、1年ほど前からである。それは生命保険協会の拡大税制研究会がきっかけだったのである。
税制改正要望などを取りまとめる組織が税制研究会で、「拡大」の文字が付くと個別具体的な商品税務について話合われることが多い。そこで複数回にわたって議題にあがったのが、国税庁の要望を受けて行う「医療保険アンケート」だった。

 アンケートは、法人契約のがん保険と医療保険を扱っている保険会社が、商品情報をシートに記入していく形で構成されている。具体的には、各商品の取り扱い内容などを記入する商品一覧シート、年度ごとの新契約と中途付加件数、年度末保有件数といった販売実績を調査するシート、月ごとの販売実績を調べるシート、商品ごとの返戻率をとりまとめるシートなど。
最初は数カ月分の販売実績をまとめて報告するかたちだったが、1カ月に1回報告するシートが付け加えられるなど、がん保険に新たな制限が掛けられる可能性が高まったのである。

保険料の税務上の取り扱い(案)
(1)終身払込の場合
イ.前払期間
 加入時の年齢から105歳までの期間を計算上の保険期間とし、当該保険期間開始の時から当該保険期間の50%に相当する期間を経過するまでの期間にあっては、各年の支払保険料の額のうち2分の1に相当する金額を前払金等として資産に計上し、残額については損金の額に算入する。

ロ.前払期間経過後の期間
 保険期間のうち前払期間を経過した後の期間にあっては、各年の支払保険料の額を損金の額に算入するとともに、次の算式により計算した金額を、イによる資産計上額の累計額から取り崩して損金の額に算入する。

【算式】 資産計上額の累計額×1/105-前払期間経過年齢=損金算入額(年額)
(注)前払期間年齢とは、被保険者の加入時年齢に前払期間の年数を加算した年齢をいう。

(2)有期払込(一時払いを含む。)の場合―計算式のみ表示します。
イ.前払期間
【算式】 支払保険料(年額) ×保険料払込期間/保険期間=当期分保険料(年額)  

ロ.前払期間経過後の期間
【算式】 〔当期分保険料/2×前払期間〕×1/105-前払期間経過年齢=取崩損金算入額 

(3)例外的取扱い
 保険契約の解約等において払戻金のないものである場合には、上記(1)及び(2)にかかわらず、保険料の払い込みの都度当該保険料を損金の額に算入する。

月刊 社長のミカタ 2012年4月号参考



↓以下、ブログランキングに参加中です。ぜひご協力ください。
人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 保険税務 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://mukouyama.blog.fc2.com/tb.php/106-d3603aa4

TRACKBACK

まとめtyaiました【ガン保険の全損が認められなくなる!?】

生保業界や税理士業界に激震か?保険料の払込時に全額損金にできる法人契約のがん保険について、税務上の取り扱いの変更にむけて国税庁が動き出し、最終段階に入った。同庁が2月29日...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/03 10:09 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。